2017年03月20日

ミニチュアの民家との出会い!

for-blog0318d.jpg


昔話の本の中に載っているような、田舎や里山の家。
すご〜く緻密で! 洗濯物までが! そこに存在するかのような・・・雰囲気が。

お天気が良かったので、ぶらり歩きをしてみた土曜日。
次のあの角を右に曲がってみたら、何か新発見があるかしら。
なんの目的でもなく曲がった先に、ギャラリーがありました。

ガラス越しに、小さな日本の原風景のような創造物が見え
「よろしいですか?」 躊躇いもなく、中へと入ってしまったのです。


       for-blog0318c.jpg


      for-blog0318b.jpg

旅好きだった内山氏、訪れる先々の古い建造物や各地の民家を
カメラにおさめたり、スケッチをして日本国中を廻ったそうです。
木彫りが趣味だったこともあり、その技を生かして
ミニチュア民家の創作をしたのが最初。

その後、独学で試行錯誤を繰り返しながら
そこに住んでいる人々の生活の匂い、息づかいを表現したいと
心がけながら作成をしているのだそう。
最近は、各地の祭りや民話を取り入れた創作へと広がっている。
(パンフレットを一部抜粋。
 ちょうど、内山氏がいらしていて、お話をさせていただいた内容も抜粋)

  for-blog0318e.jpg


竹を彫った、この行燈。 5,6点の竹行燈がありました。
灯りを入れて見せていただいたけれど、すてき!
私が一番気に入ってしまった作品です。 

      for-blog0318f.jpg

あ、もう一つ! これも好きでした。

   for-blog0318a.jpg

展示&販売をしていたのですが、
民家のミニチュア、一万円札が何枚も必要ですね。
私が買えないというだけで、決して価格がいとは思いません。
だって、一つ一つ、細部に至るまで繊細な造り込みですし
氏の世界観が感じ取れる作品ですから。

デッサンから、製図書きして、素材選び。 そして制作着手。
完成までに、小さい民家でも2か月ほどは必要と。
アーティストと職人技が同一化の作品ですものね。



ふっと思いついて曲がった道。
こんな出会いができるなんて、楽しい!!


3連休は、「お し ま い !」

予報に因れば、4月の上旬までは
冬物は出しておいたほうが良いとのこと。 まだ寒い日があるのですね。

さくら・・・まだまだ、先?








posted by 黄色の薔薇子 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

ショップオーナーの『よもやま話』




posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

ライオン犬!迷惑そうな顔ですが・・・


for-blog0315c.JPG

ほらほら! わかりますよね!?

私の好きなTVCMの一つ。 「Amazon」の最初のシリーズ。
赤ちゃんに怖がられた、ラブちゃんの切なそうな表情ときたら・・・・
このライオンの鬣をつけて、おずおずと出て行ったラブちゃん。
怖がらずに腕を伸ばし、小さな手のひらで触れようとする赤ちゃん。

すご〜くホンワカ!! 口元が思わず弛み
あったか〜い気持ちが湧いてくるのですよね。 このCM。
同じ思いで観ていらっしゃる方、多いと思うのですが。


で、上の写真のワンちゃんのライオン・コスプレ。
友人の愛犬(どちらかと云うと・・・溺愛犬)なのです。
もーう、こうやって弄るのですよ。 いつも。
溢れる愛情表現の一つかもしれませんね。
あのCMを観て、鬣を取り寄せた犬友の方から借りたとか。
しかし、彼女は迷惑そうな顔をしていますよねぇ。
座り方が面白い。 なに座りっていうのかしら・・・・


今の「Amazon」のCMは、お馬さんとポニー。
障害は飛び越えられないけれど、
フラフープの輪潜りは、できた!!
そうこれも、とても和めるシーンです。


       for-blog0315a.jpg

小さなポットに入ったビオラを買ったのは、一か月以上前のこと。
たくさんの蕾が開いて、可愛い花を咲かせてくれました。
萎れた花を摘んで・・・・もう蕾は無いけれど、葉はきれいな緑のまま。
その緑を楽しもうと、ずーっとお水をあげて見守っていたのです。
買った時の2倍もの高さに育って・・・・・
いくつもの蕾が!! そして、今また花を見せてくれているの。

なんだかとても嬉しくて・・・・


ワンちゃんからの話を、ネコちゃんで締めますね。

       for-blog0224a.jpg

「東本願寺」の山門に夕方になると、出勤してくる子達。

手前の2匹は、まるで狛猫のようではありません?
痩せてガリガリの子はいませんので、
きっと、何方かが食糧調達をしてあげているのかと。

人に懐いているので
前を通る観光客の方々もカメラを向けたり、
撫ぜ撫ぜしたりして、和まされているようです。



   
   【Shop by K.i.】の、革バッグ&グッズは全てオリジナル・デザイン 






posted by 黄色の薔薇子 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

ショップオーナーの『よもやま話』




posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

「金の成る木」は南東に・・・


for-blog0305B.jpg

最近、我が家に同居をはじめた多肉植物。
プックリした葉や茎。彩も豊富で育てやすいし
風水的にも効果あり。ということで、愛好者は急増中だそう。

肉厚な葉・茎・根の内部の柔組織に水を貯蔵している植物の
総称だそうですよ。 多肉植物って。
サボテンもそうなのですけれど、あまりに種類が多くて、
一応、多肉植物/サボテンと分けているみたい。

よく知られているのは、「アロエ」とか「ベンケイソウ」ですね。
あっ、「松葉ボタン」や「松葉ぎく」もお仲間なのだとか。


        for-blog0305B1.jpg

透き通るようなオレンジレッドが美しいポッチャリ葉は、「火の国」
柔らかげな緑の分厚い葉をつけているのは、「銀杏木」


で、これがご存じの「金の成る木」(ベンケイソウ)
花屋さんなどで、茎に5円玉を通して売っていたりしますよね。

        for-blog0306.jpg

まるで、石ころ! そんな多肉植物が、 「リートープス」
姿は本当に「石ころ」、色彩の豊富さが特徴です。
「生ける宝石」とも呼ばれるらしいのですが・・・・
英名「Living stone」と云うのも、頷けます。


そう、それで風水的な関連と云うのは
葉の形や、生える向きで置き場所などを決めるのが良いそう。

* 細く尖った葉ーーー 鋭い気を発し、悪い気を遠ざける
* 丸い葉ーーー 気持ちを落ち着かせるので、
             リラックスしたい場所に置くのが吉
* 上向きの葉ーーー 「陽」を意味し、活発で明るいエネルギー
             横に広がったり下へ垂れるのは「陰」の気だが
             不安や恐れを鎮めるエネルギーを発してくれる。

「金の成る木」は、風水的には金運を左右する南東に置くと良いそうですよ。


如何? 多肉植物を欲しくなったりしません?
黒紫色の葉の「黒法師」なんていうのもありますし・・・・
とにかく、色彩も、葉の形もすご〜い種類がありますから
お気に入り、見つかると思います。



   banner-OTLT1.jpg     banner-OTLT2.jpg

   【Shop by K.i.】 の 「outlet」 価値あるバッグや、ボディバッグも










posted by 黄色の薔薇子 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

ショップオーナーの『よもやま話』




posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

オスカー像が我が家にも!!


for-blog0227a.jpg

「まぁー なんという幸せなのでしょう!
2017年、アカデミー賞のトロフィィー オスカー像をいただいたなんて!!」
何の部門かですって?
も、もちろん・・・主演女優賞!! ですとも。

昨日の「アカデミー賞授与式では、前代未聞の大間違いが!!
最初にコールされた「ラ・ラ・ランド」の方々は、ぬか喜びに。
「ムーンライト」の方々には、落胆の後の吉報ですから
喜びも倍増したのではないでしょうか。

我が家にもある、オスカー像。
実物大ですよ。 高さ34cm。 
もう10年ほど前になるかもしれません。
丹波篠山へ出かけた時に、街の骨とう品屋で見つけたのです。
「私、このトロフィーをもらう価値ある女性ではない???」
とか何とか言って、買ってもらったわけなの。
その当時は、かなり金色に輝いていたのだけれど・・・・
今は、アンティークな色合いで雰囲気があるでしょ?

デザインモチーフは、十字軍の中でも最強の「テンプル騎士団」の
騎士だということ。 なので持っているのは剣なのですよ。
「アカデミー賞」でのトロフィーになった謂れは何かしらね・・・


2月が終わりますものね。
3月3日は「おひな祭り」 「桃の節句」 「弥生の節句」とも。
一年中、お雛様を飾りっ放しなのですが、
この時期は、飾り場所が棚の前方へと移動させるのです。
陶器で創られた、二組のお雛様。 お花を添えて・・・  甘酒は好きでないので、ナシ。

この雛壇とお内裏様は、私の好きな「お蕎麦屋」さんで
毎年、お部屋の中央の階段に飾られる。
古典的な顔立ちが美しいのですよ。

      byki-blog0226C4.jpg


     byki-blog0226C5.jpg


沈丁花の花も、仄かな香りを放つように。

  byki-blog0226C2.jpg

まだ風は冷たいですけれど、
寒い!! って感じる日も続いているけれど
春の兆しは、そこかしこ。 
もうすぐですよ。

    
    【Shop by K.i.】の「Outlet」にバッグが追加されています。

  banner-OTLT2.jpg     banner-OTLT1.jpg  









posted by 黄色の薔薇子 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

ショップオーナーの『よもやま話』




posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

あー また取り壊しが!!


byki-blog0117A5.jpg

「蝋梅」と「梅」の字をかくのですけれど、
実は梅の種族には属していなくて
ちゃんと独自の属種があるのですね。 ロウバイ科、ロウバイ属。
ちなみに、梅は「バラ科、さくら属」だと知っていらっしゃいました?

byki-blog0219D2.jpg

江戸初期に日本に渡来してきた中国原産の木。
透き通るような繊細な花弁は、まさに蝋細工のよう!!
仄かな香りと共に冬の終わりごろ咲く花と、愛されています。
活け花、茶花にも、よく使われていますものね。

この香りからなのでしょう
英名は、winter sweet。 英名があるということは・・・・
ヨーロッパにも渡ったと云うことなのですよね。



   byki-blog0630A4.jpg

この建物、何度か登場させていますので
覚えていらっしゃるかと。 建物全体が蔦に覆われた4階建ての家。
最上階は全面がガラス張りで・・・どんな方が住んでいるのか興味津々でした。
ずいぶん経ってから教えていただいた。 
画家の家族と。 ガラス張りの4回は、アトリエにお使いなのだとか。

1月末の、ある日。 敷地が高い足場を組まれてブルーシートで、スッポリ。
改装でもなさるのかしら・・・そう思っていたのです。

取り壊し!! そうなのですか!!

     byki-blog0219D3.jpg

お庭の竹藪、大きな蘇鉄に南天の木。 つばきの木。
あの立派で、ちょっとミステリアスだった建物。
きれいサッパリと、跡形もなく・・・・更地へと様変わりに!!
人さまの家のことだから、なにも口出しはできないけれど
がっかり!! あー 悔しいな!と。

それにしても、広〜い土地なのですね。
まだ何の表示もされていないので、わかりませんが
マンション建設? 建売住宅用(10軒ぐらい、建てられそう)?
それとも、ご自身用の家の建て直し?

私が、この地に住み始めた時に
界隈には、素敵な純日本家屋や趣のある邸宅など
目を惹く家々が多く、そこを歩くのが楽しみだったのです。
1軒が・・・ 2軒が・・・ 取り壊されて
その跡には、新建材の家がたくさん建てられています。
もともと敷地が」広いですから、建てられる家も立派、大きい!
まるで要塞のような家さえ。
いったい何人で住むのかしら?と、憶測してしまいます。


中途半端な寒暖差の気温で
体調を崩す方の多いコト!! 私も・・・・風邪気味なのかしら。

お薬代わりに、買った黄色のミニバラの鉢。
三つの蕾が全部開いてくれました!!

でね、まだ幾つか残っているのです。 蕾が。
開いてくれたら、春到来!かもです。


【Shop by K.i.】で掲載中の《¥9000 & ¥12000 アウトレット》

4デザインほどが、追加されています。










      
posted by 黄色の薔薇子 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

ショップオーナーの『よもやま話』




posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

雪景色・・!!


byki-blog0115C6.jpg


ええ〜っ!!
まだ降るつもりなのでしょうか!? 雪は。(今、吹雪いているのです)

京都も昨夜から降り続いた雪が6〜7cmほども積もりました。
家々の屋根どころか、道路だって真っ白!!
音が吸収されるのでしょうね、静かな静かなシーンとした気配。

こんな雪の日。 しかも吹雪のような日は見逃せない情景があるのです。
ニット帽を被り、タイツの上から厚手のハイソックスを履き
分厚いセーターの上にはダウンのベスト。
その上から膝丈までのダウンコート。 防寒は万全かと。
後は、雪道で転んだりしないように注意をしての歩行を。

     byki-blog0115C5.jpg
                  「御香宮」の北門から本殿への参道
           無彩色の空間に、朱色の鳥居が色鮮やかです

               一番最初の写真が本殿です

          
          byki-blog0115C7.jpg
                         狛犬さんも、雪を背負って寒そうです

    for-blog0115f.jpg
           境内に建つ「桃山天満宮」も鈴のおびの赤が一際映えていました

いくぶんか小降りになり薄日が射してきたのですが
参道の木々の枝に積もった雪が、風に飛ばされ襲ってきます。
うっかりと側を歩こうものなら、ドサッ!と。枝から雪の塊が。

     byki-blog0115C8.jpg

お寺や神社、日本庭園は、ほんとうに雪景色が似合います。
ね、やはり見過ごしたくはない「日本の冬景色」の一コマでしょ。

この雪の中、カメラを携えた方々、お参りに訪れた方々も
滑りやすい石畳を慎重に歩を進めて歩いていらした。


そうそう、一昨年かしら・・・・・
ヴェランダの鉢植えを雪で全滅!させてしまったのは。
春になって、萎びた葉を全部刈り取り
「お願い! もう一度、艶やかな緑の葉を見せてね」と。
お願いと語りかけた甲斐があって、ほぼ全員が復活してくれました。

雪だとの予報を聞いて、今回は抜かりなく準備。

     byki-blog0115C2.jpg

                   byki-blog0115C3.jpg

葉に雪が積もらないように鉢を移動させたり・・・・昨夕方に上からクロスを。
下の写真は、今朝の様子。 こんなに積もっていたのですよ。
でもね、雪って色々な方向から舞ってくるのですよね。
万全を規したつもりでしたが・・・・幾つかの鉢が、ちょっと被害を受けたようです。
ごめんなさい。 手抜かりがあったかも。


今日は一日中、雪が舞ったり陽が射したり。
道路はすでに溶けてはいますが
このままの寒気で夜を迎えたら・・・・
凍結で怖いような気がします。

皆さまの地域でも、今週末は雪だったのでは?
どうぞ、雪による被害などに合わないでくださいな。






posted by 黄色の薔薇子 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

ショップオーナーの『よもやま話』




posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

山並みの三景を・・


あらっ!?

今日は、それほど寒さを感じなかったようです。

「寒いぞ! 寒いぞ!」と、天気予報の予報士さんに脅かされた?

でも、先ほどの天気予報も今週はグーンと冷え込むのだと再度、発言が。
良いですとも! その寒さ受けて立ちましょ。


ほんの10分か・・・長くても12,3分。
太陽が昇り、ほんのすこし高い位置まで上がった時に
西の山並みの裾を朝日が照らすのです。
ビルや家々が金色に輝く、美しい時間です。

  for-blog1228b.jpg
     なんだか神々しいような、透き通ったような美しさがあるでしょ。

夕暮れの色彩の見事さとは、また違うのですよ。

  for-blog0827b.jpg

もう一枚、昨年の厳しい寒さだった朝。
西の山々は、この冬はじめての雪をまぶした姿を見せてくれました。


  for-blog1228A2.jpg

陽の光の変化、山並みの表情の変化
毎日や、移り行く四季でのこの情景は、すごく気持ちを贅沢にしてくれるのです。

住居探しをしていた時に、
不動産屋さんが「築年数が相当経っているから・・・どうですかねぇ〜」と
あまり気乗りのしない様子で案内をしてくれたマンション。
ヴェランダから遮るものがなく見渡せる山並みと、街並み。
一も二もなく、ここだわ!って。 ペット同居も可でしたし。
この景観を「売りの販促」に何故しなかったのでしょうね・・・・



            for-blog0108a.jpg
                             干支の「酉」色紙

          for-blog0106A2.jpg
          こちらは、生体の鴨川から東本願寺の堀に通ってくるサギ


三連休が終わります。
お正月気分は、すっかりと抜けてしまっていますが
「年の初め」の気分にも浸れていないのが・・・・残念。


今年も、「よもやま話」に遊びに来てくださいね。













posted by 黄色の薔薇子 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

ショップオーナーの『よもやま話』






posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする