2020年04月04日

さくら、どうぞ!!


blog-20Apr01a.jpg

今週末も、お家で過ごしていらっしゃる?

お花見、今年はご近所の公園などで楽しむこともできたことと。


雨降りの日でした。
水路の遊歩道は、きっと満開の さくら が見られるはずと
こころ弾ませて、いそいそと。
(雨の日のお花見は、傘は透明のビニール傘がお約束!)
傘に当たる雨のドシャドシャという音を心地よく感じながら
遊歩道を歩いたのですよ。

もぉー 見事な咲きっぷりです!! さくら。
どうぞご一緒に、この時間を満喫をしてくださいな。


   blog-20Apr01b.jpg

blog-20Apr01e.jpg

雨が降り注いだ雑草さえも、キラキラの緑が映えて美しい!


苔に覆われた木。 何の木かはわからねど、古木のような風格が素敵でしょ。

      blog-20Apr01d2.jpg


写真を撮りに来ていた方から、土手の上のお寺の さくら も見て来たらと
声をかけていただいたので、さっそくに訪れてみました。
(あら、まぁ、 こんなところにお寺が建っていたのは知りませんでした)

      blog-20Apr01f2.jpg




陽射しを浴びる さくらの花も、それはそれで眩しく輝いてきれいですが
雨の滴をふくんだ さくらの花は、しっとり風情があって好きなのです。

たった一時間ちょっとの桜並木の散策でしたが
気持ちがとても潤って豊かでした。(身体は濡れたけれど・・・)


もう一枚、素敵な写真をご披露をしますね。
さくら 楽しんでいただけたら、嬉しいのだけれど。

  blog-20Apr01g2.jpg








posted by 黄色の薔薇子 at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

ショップオーナーの『よもやま話』


posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

ご近所、お花見!

皆さまも、ご家族の方々、ご友人やお仕事関係の方々も
お変わりなく過ごしていらっしゃいますよね。
流行りモノには無縁でいらっしゃいますよね。

そうであることを切に願っております。


blog-20Mar22a.jpg

周囲の桜の木の枝は、まだやや膨らみ始めたつぼみしか見られないのに
この枝垂れさくら、もうたわわに咲いた花が!!
あるお宅の塀から突き出た古木の味わいのある さくらの木。
見 事 で す !!
紅音とのお散歩で通るのですが、
そのたびに、車を停めて写真を撮っている方々に出会います。

あちこちの桜の名所での「さくら祭り」が中止になっていますものね。
「来年も桜は咲きますから」と言われてもね・・・
やっぱり・・・さくら、愛でて春の訪れを感じたい。

もうすぐ、水路の遊歩道の桜並木も美しい
花のトンネルを見せてくれるかと。 待ち遠しい!!
雪柳の可憐な白い花と、きれいなコントラストを見せてくれるのです。



今、満開になっているのは

       blog-20Mar20a.jpg

            
                            blog-20Mar25a.jpg

マグノリア(木蓮)は、緑の葉一かけらもない茶色の枝に
いきなり花が咲くのです。
膨らんだ蕾をみて、あっ!これはマグノリアだったと認識。
乳白色と紫が混じり合った、おおきな花が美しい!
道路に散った花びらの大きさにも、感嘆符!!

存在感に満ちたマグノリアの陰に、
ひっそりと咲いていた、この子にもクローズアップ。

    blog-20Mar25b.jpg

ちょっと、色が・・・・
本来は鮮やかなブルーの、ムスカリ。

遠出はできないまでも、
公園や、ご近所のお庭に咲く花々で楽しむことができますよ。


皆さま、ご家族、ご友人、お仕事仲間の方々も

どうぞ、平穏にお過ごしいただけますように。









posted by 黄色の薔薇子 at 18:45| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

つばき、みな表情がちがう!


            byki-blog20Mar11c.jpg

知人がお庭に植わっている つばき が咲いたからと
一枝を持ってきてくださった。「四海波」という種類だそう。
とっても上品な色合いで、すこし紅色が滲んだりして・・・きれい。
固かった蕾がふっくらとしてきたのですよ。
その蕾が開いてくれるのが、花を咲かせてくれるのが楽しみ。

いまの時期、神社の境内や公園、生垣でも
つばき たくさんの花をつけて咲いていますよね。
よ〜く見ると、花の顔がまったく違うのがわかります。

あっ、あそこにも大事に育てられている つばき があったはずと
いそいそと水路の遊歩道へと探索に出てみました。

byki-blog20Mar11a.jpg

もうしばらくすれば、この水路の両側の遊歩道は桜色で霞がかかったように。
それは見事な桜絵巻を見せてくれるのです。

ほら、咲いていた!
一本の木から2色の花を咲かせています! この子の名前は・・わからない。

こちらは、遊歩道の子たちではないけれど
以前に訪れた「つばき寺」で咲いていた、お気に入りをご紹介。


    byki-blog20Mar11d.jpg
   お気に入りだと言っているのに・・・
      ご紹介をするって言っているのに・・・名前を忘れている!!


          byki-blog20Mar11e.jpg
            これは、これは名前をちゃんと言えますよ!
          「ゆりつばき」さん。見たら名前の由来はわかりますね。



土手の上に建つ、あの竜馬で名を売っている「寺田屋」
この旅籠の主人は、きっと つばき愛好者ではないかと。
入り口の植え込みには、何種類かの花を咲かせる つばきの木が。

byki-blog20Mar11b.jpg

「金魚椿」と云うのもあるのですが、
残念!!花が終わってしまっていました。
(「寺田屋」もコロナウィルスの影響で、今月中旬まで閉館と。
 日本人だけでなく他国の観光客も多く訪れていましたからね)


何気なく見ているけれど、
つばき って種類が本当に多いのですよ。
それぞれの花がちがいます。
先ほど触れた「つばき寺」の境内では26種類の木を育てていて
その花の一輪ごとが名札を付けて一輪挿しに活けられて
ご住職の奥様が本堂に飾ってくれていました。


桜を愛でに行く前に
つばき観賞散策も楽しいものです。 是非どうぞ!







posted by 黄色の薔薇子 at 17:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

ほら、足元から春が・・・

今日の振り替え休日は、「春、ウララァ!」のような陽気ですね。

立春を過ぎた頃は、「寒っ! 寒っ!」の連発でしたもの
朝夕のお散歩は、着膨れ達磨の如く・・・・
ちょん!と指で突っつかれたら、ころんと倒れてしまいそうな重装備。

先日の朝、起き出したら家々の屋根は真っ白!
向かい合わせの山波も朝日を浴びた冠雪が輝いていて、美しい!
この冬の初の雪化粧でした。

この日が・・・寒さのピークだったのかしら。

きっと、春の兆しが見つけられる
そんな期待とともに、ご近所散策。お供は紅音です、もちろん。


     blog-20Feb02a.jpg 
     蝋梅の可憐な花が、真っ盛りに咲いていたのは
  織田信長公とも所縁の深い「かましきさん」の愛称のあるお寺
  境内には黄色の色濃い蝋梅の花をつけた木が無数に!!
  香りもあま〜く漂って、くんくん。


道端の、路地のコンクリートやブロックの隙間から「おっ! こんにちわ!」
誰が植え付けたのでもないのでしょう
自生の愛らしくも、力強い小さな花々を見つけて、一人でほくそ笑み

      blog-20Feb23c.jpg


blog-20Feb23d.jpg 
ちっちゃなボーロのようにコロンとした紫やピンクの花を咲かせています。
置き石の隙間から、コンクリートの道路を這うようにして・・・


       blog-20Feb23a.jpg

blog-20Feb23b.jpg
あー こちらは、日本すみれではないですか!!
路地の石塀にへばり付くように広がって咲いていました。
雨でも降らなければ・・・水も飲ましてはもらえないだろうに
鮮やかな紫の花が、いっぱい!! 強い子たちなのですね。


公園の一隅では、こんな子たちにも出会ったのですよ。

blog-20Feb23e.jpg


今年は、梅の花の開花が一週間ほども早いそうです。
なので「梅まつり」を予定しているお寺や園は、アタフタとか。

沈丁花もすでに赤い粒々の蕾が大きく膨らんで・・・
芳しい香りとともに花を咲かせてくれるのも、もうまじか。



ちょっと歩いてみてくださいな。

隠れている「春」を見つけられると思うので。






posted by 黄色の薔薇子 at 15:48| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

ショップオーナーの『よもやま話』


posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

開眼!・・なるかしら

blog-20Jan08g.jpg

ええっ! 今日はなんの話なの? と、思われたかしら。

謎解きではないので、読んでいただいたら「なるほど!」ですよ。


今にいたるまで、私は紙印刷のモノが好みなのです。
新聞しかり、本や辞書も。
(英和、和英、漢字辞書は引くのが面白い)
子供のころの絵本がはじまりで、文学全集(親に与えられてね)に。
とても思い出に残るのは、泣きながら読んでいて
「そんなに泣くなら、もうよしなさい!」と母に取り上げられた
「フランダースの犬」。それでも探し出しては泣きじゃくりながら・・
(「南極物語」とか動物関連は・・Happy!でないと超弱い)

読書家とは言えないのですが、「海外ミステリー」は読み漁りました。
間あいだに話題作とか、「○○賞受賞作」とかを挟むことも・・
偏った傾向なのは確かだわね。

「この本、面白いですよ。読んでみてください」との紹介が
blog-20Jan10b.jpg

江戸時代・海鮮問屋の大店の一粒種・一太郎と妖したちの物語。
ほら、年代物ってアンティーク(100年以上モノ)と云うでしょ。
それがね、この物語で100年以上経った器物は「付喪神」として生きるし
ネコちゃんだって「二またに分かれた尾」をもつ「妖し」になるわけ。

この「妖し」の世界に嵌ってしまいました!!

「妖怪アパートの幽雅な日常」「大江戸かわら版」(香月 日輪 作)と
次から次へと・・・どっぷり!!
伏見を舞台や京都府警を題材の「妖しモノ」、ふふっ! 愛読を。



blog-20Jan10c.jpg

時代小説は「織田信長」「徳川家康」「伊達政宗」を
(私の好きな戦国ヒーロー)
16巻、8巻などの長編を何度読み返したことでしょう。
ちょっと手を拡げて「大富豪同心シリ-ズ」を読みだしてみたら、
これが、なかなか愉快な筋立てで時にはクスッ! 
なんと!22巻もあるのですって!

読書の選択肢が増えましたね!!


でね、最近は次のジャンルを勧められているのです。

    blog-20Jan10a.jpg

blog-20Jan10d.jpg

そう、コミックやアニメの世界を訪れて。 覗いてと。

私だって、「明日のジョー」とかね
「ハウルの動く城」「もののけ姫」とかの「ジブリ作品」は観ているの
ただね、アニメ愛好家の友人曰く「もっと、深いんです!アニメの世界は」
「京都アニメ」の悲惨な事件の後、少し心は動かされてはいるのです。
初心者同様なのだから、これを読んでサイトを選んでねと・・・
友人からの親切なお薦め。

ふむふむ・・・・
ちょっと、覗いててみますか。

さて令和2年、私の「アニメ開眼」なるか!?


皆さまの読書傾向はどんな?
私も、けっこう食わず嫌いなところがあったのですが、
まったく違うジャンルに手を出してみるのも、面白さが増しますね。








posted by 黄色の薔薇子 at 18:38| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

謹 賀 新 年

NYcard-2020a2.jpg

        明けまして おめでとうございます

って・・・もうすぐ新年の4日目も終わってしまうし
明後日からは、お仕事が始まるわけだし・・・

私のお正月は「箱根駅伝」がすむと終わるのだけれど。
今はTVでしか観戦をできないのですが
子供のころから箱根の宮の下でランナーたちを出迎えて
芦ノ湖で各校のランナーのスタートを見送っていたのです。
なので、お正月には「箱根駅伝」と共に過ごしていたわけ。
青山大学、強かったですね!

如何ですか? 
穏やかに気持ち良く休暇を過ごしていらっしゃいます?
帰省されて、ご家族や友人方と久々の顔合わせをした方も
海外や国内の旅行で、その地の風情を満喫なさった方も
お家でゆっくりと(だらりんと)英気を養った方も
明日は少しだけシャン!として、お仕事に備えてくださいな。

   
              blog-20Jan04B.jpg
                     我が家の輝くネズ公たち(干支に失礼?)
       多分・・・今年の厄を丸齧りしてくれると思うの
             よろしく頼むわよ!!


blog-20Jan04A.jpg
       今年の「五福めぐり」の色紙
    これは、ご朱印をいただく前のまっさらの色紙 
     各寺社を参拝してご朱印をいただくのです


さて、皆さまに「お年賀」がわりに・・・お送りしますか。
お好みがありましたら、おっしゃってね。
(どこで買えるか、場所だけお教えしますから)

blog-20Jan04C.jpg


ではでは、皆さま
楽しく日々を重ねられる一年でありますように。
posted by 黄色の薔薇子 at 21:15| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

ショップオーナーの『よもやま話』


posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

金色の並木道!!

blog-19Dec15A2.jpg

昼間は北風がどわぁーと吹き上げる寒い日でしたが、
夜になって、その風もおさまり夜歩きも苦にはならなくなってgood!!

もう15年以上も前から、冬の寒さを「光」で和らげてくれるライトアップ。
「ローム」の本社を中心にして200mぐらいもつづく並木道や
傍らの公園での「ローム・イルミネーション」が、今年もバージョンアップして
開催をされていました。 ええ、行ってきましたよ。


blog-19Dec15B2.jpg

「わぁー なんてきれいなの!!」と、思わず声が出てしまいます。
光り輝く木々の間を歩きながら、目を凝らせば
枝の先端までも豆電球が灯され、すごい職人技!と感心しきり。
この並木道がこんなに素敵に見えるのも
多色遣いの電球でのゴチャゴチャ感がないからでしょう。
ただただ金色の光に包まれて歩けるからでしょう。

        
blog-19Dec15d.jpg 


公園の付近では、趣向の違う光の饗宴も見させていただけたのです。

ブルーライトだけで作られた空間。

白色の光で覆われた薔薇を浮かび上がらせたドーム。
(時間帯により、このドームの中で写真も撮れたよう・・残念!終了してた)

     blog-19Dec15D2.jpg


      blog-19Dec15E2.jpg 


日曜日の夜。
「Merry Christmas!!」には少し早いけれど
家族連れや、恋人かな?のカップル、友達仲間と多種多様群と
人でも多かったのですね。
でもね、イルミネーションの飾られている範囲が広いので
あちこちに散っているから、混雑感は無かったのも嬉しい。

私は今回が3回目。
初めて訪れた友人は、かなり感激をしていたようす。
(もっと、小規模だと思っていたみたい)
なんとなく・・・冬の夜のイヴェントを味わえて楽しい時間。



令和元年12月31日、大晦日。
その日にブログでお喋りをしているなんて・・・暇そうかしら?
ちゃんと、お部屋も掃除(見えるところ)をしたし
ガラス戸も汚れを拭いたし、お花はいつも飾ってあるし・・・
カレンダーや干支の「ネズミ君たち」もスタンバイをしていますし
後は・・・年越しそば。



皆さまが、穏やかな
新しい年をお迎えになりますように!!










      


posted by 黄色の薔薇子 at 16:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショップオーナーの『よもやま話』


posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

写真映えが・・よいのです

blog-19Dec8a.jpg

落ち葉が憂いをふくみひろがる空間が
なんて似合うのでしょうか・・・・パリの公園は

銀杏の木の根元、黄色の葉が重なったその上に佇んでいるだけで
晩秋のせつない思いが心にふつふつと・・・
どうしていらっしゃるだろうかと、ふと気にかかったりするのも
はらはらと散ってくる葉のせいなのでしょうか

blog-19Dec8c.jpg


と、過ぎてしまった秋をふり返って乙女(?)ポーズで綴ってみました。

だって、今日は大晦日の一つ手前の日。
今さら、落葉を?なんて言われてしまうのも・・・
なので、「あら、何?パリの公園って」の話題を逸らしてしまおうかと。

そうここは、わたしが名付け親の「桃山のパリ公園」
とても雰囲気がありますでしょ?
「桃山城」は、私と紅音のお散歩圏内。
そのすぐ下に、お城の内堀だった所を埋め立てて
公園が造られているのです

お堀だった名残も、小さなせせらぎや
積まれた石垣があることでわかります。

       for-blog1122b.jpg


    blog-19Decc.jpg

                          blog-19Decb.jpg


        blog-19Dece.jpg

如何かしら・・・
モデルは大したことなくても(おっと! 登場者が怒るかしらん)
ここでの写真は、「絵」になるのですよ。

如何かしら・・・
ポートレートを渡したい方がいるのなら、ここにいらっしゃいませ。
実際より三段階ぐらい素敵に撮れますから。 写真が。
ただし、この時期の限定かも知れません。

今回は、季節外れの話題でお喋りをしましたが、
明日は、もう少しだけ前のお話をさせていただきますね。
新年が訪れる前に。








posted by 黄色の薔薇子 at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

ショップオーナーの『よもやま話』


posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

「あの日の休日 A」


byki-owner0112d.jpg

日本三大八幡宮の一社、石清水八幡宮。
(ちなみに、宇佐神宮・大分  鶴岡八幡宮・鎌倉 石清水八幡宮・京都)
八幡の男山にでも詣でてみますか。と、云うことでぶらぶらと。

八幡宮の周辺には、数多くの神社や名所が点在をしているのですよ。
尾張徳川の菩提寺「正法寺」だの、
「松花堂弁当」で有名な松花堂昭乗が男山から移築した「松花堂庭園」
とか、とか、八幡市って見どころはかなり。

紅葉には、まだまだ早いのだけれど、
山上の八幡宮本殿を訪れる前に、寄ってみたい不動尊が。
今日こそは、訪れるのだ!と気合満々。

その前に、方生川に架かる橋の一つで、八幡八景の一つ「安居橋(あんご)」
別名「たいこ橋」(背景の蔵造りの建物が、修復中でブルーシートが。残念)

   blog-19Nov9d.jpg

blog-19Nov9c.jpg

一の鳥居を潜らずに、その脇を通り「神應寺(じんのう)」に向かいます。

   blog-19Nov9a2.jpg

このお寺の中を進むと、
辺りの雰囲気が一変。 雑木林に囲まれた参道なのでしょう。
「あー いい!」思わず言葉が口に突いて出て。

「杉山谷不動尊」 山中に佇むような、ひっそり感。
この不動尊に着くまでの参道も緑に覆われて、素敵です。

blog-19Nov9h2.jpg


blog-19Nov9g2.jpg

途中、八幡宮へのケーブルの鉄柱もオブジェのようで雰囲気有!

       blog-19Nov9b2.jpg


blog-19Nov9e2.jpg
                         杉山谷不動尊
             屋根の形が、独特ですね

この日のメインは「石清水八幡」だったのだけれど
立ち寄って良かった! 
訪れてよかった!
そう思えたのが、「杉山谷不動尊」でした。

下山の途中で
こんな、大きなキノコちゃんがニョキッと!

なに子ちゃんか、良い物か悪者かは不明ですが。

       blog-19Nov9k2.jpg








   

posted by 黄色の薔薇子 at 18:45| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ある日の休日 @」


blog-19Oct27c2.jpg

ぐ、ぐ〜んと奥まで長い橋が続いているの、わかりますでしょ。
向き合った山の渓谷を挟んで、架け渡されている吊り橋。

なんだか最近、気持ちがチマチマしているのが気に入らない!
どーんと広い空間で心身の解放をしなければ・・・思いついたのが、ここ。
何度か訪れてはいるのです。
雑木林の中の山歩き気分も、風や鳥の声も浴びられる近間なのが・・・ここ。

blog-19Oct27a.jpg

山に入るスタート地点には、
こんなボルダリングやロッククライミングの施設もあり
この日も、ずいぶんと大勢の人たちが挑戦をしていました。

さてと・・・山道を歩き始めて。
登って、登って、目指すはテッペンの吊り橋へ。

          blog-19Oct27x2.jpg
この時は、もうゼイゼイ!! 
吊り橋に行くルートは何本かはあるのです。 
険しい山道とか、比較的アップダウンの少ない山道が。
間違えてしまったみたい! こんな急坂を登る予定では無かったのに!

やっと着いたよう。

見渡す限り、山と山と緑と緑。

    blog-19Oct27e2.jpg

この空気感、本当にしこりを解してくれて・・・・わぁぉーー!!です。
と、ご満悦であったのは私なのですが、
後方に見えている彼女は、高所が苦手で
この吊り橋を渡るときは、まるでロボットが動いているようにギクシャク!
後ろから見ていて、吹き出してしまった!(ごめんなさいね。)

渡り切って前方の山を、今度は下りね。
「磐船神社」に回ってみましょうと云うことになって。

途中で素敵に青いシダや、石垣を埋める苔との出会いに嬉しがったり。
背い高ノッポのパンパスグラスが風にそよぐのを眺めたり・・・

blog-19Oct27bg.jpg

               blog-19Oct27m.jpg


想像していたのとは異なる神社がそこには祀られていました。
いにしえ人の信仰が・・・そのまま残っているような。
滝の流れのせいでしょうか、この一角だけが異次元の空間のよう。

blog-19Octhj.jpg

ここからゴルフ場を突っ切り、ひたすら歩いて・・・・
そう、5〜6時間を歩いての気分良し!!の一日となったのです。

すっかりと、チマチマ感は山の中に捨ててきていたようです。


次の、「ある日の休日A」は、この後続けて書きますね。









      

posted by 黄色の薔薇子 at 16:21| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする