2019年05月05日

素敵な出会い!!

blog-19A28a.jpg

「平等院」 「宇治上神社」 の二つもの世界遺産をもつ宇治
紅葉の美しさでも知られているけれど、
それは、素晴らしい新緑にも会えるというわけでしょ。

まだ観光客が疎らな頃から、宇治には心惹かれて
何度となくふら〜りと訪れるのです。
新緑、紅葉の時期はもちろん
「あっ、雪が降った、積もっているはきっと!」
「大雨の翌日だもの、天ヶ瀬ダムは放水をしている!!」
と、なにかとやって来る理由はあるのですもの。

気持ちの良い爽やかな風の吹く、ある日
青もみじの下で、「おにぎり」食べたら美味しいでしょうねと
訪れました。 宇治へと。

「源氏ミュージアム」も艶やかな青葉の木々で囲まれ、おーきれい!!

すぐ傍の仏徳山の登り口から、展望台へと向かうのですが
山道(山と云うほどの高さではないのですよ)を、右に左にと螺旋歩き。
ほんとうに、木々の新緑の眩しいこと!
木洩れ日を浴びながらの歩みの気持ちの良いこと!

blog-19A28c2.jpg

今回は、宇治へ初来訪という若者を同行していたので
別山の「朝観音堂」までにも足を延ばしたりして。
滅多に開いてないお堂の扉が開いていて、観音様にもお会いができました。

「宇治上神社」のちょうど真上の山道を抜けると「興正寺」に。

blog-19A28g2.jpg

最近ブーム化している「座禅道場」や「写経」も開いているようです。
なんといっても、このお寺の一番の見どころは・・・参道でもある、琴坂。
もみじの若葉のトンネルです!!

byki-blog428e.jpg


byki-blog0427A7.jpg

「あおモミジ」に酔ってしまいそう・・・・

ダム付近の吊り橋を巡り、川沿いの道を歩き
花々がいつの季節も楽しませてくれる「恵心院」へと。
ダラダラ坂の参道は、山吹の花が見事に満開。
ツツジも彩を添えています。 わぉ! カラーまでもが!!
   
    *蛇足ですが、カラーって日本語名が「海芋」なんですって!
      ぜんぜん美しくない!! どこの誰がつけたのでしょうね!!

blog-19A28k2.jpg

このお寺で、とっても嬉しい出会いが会ったのですよ。
ボランティアさんのおかげです。 ありがとうございます。

皆さん、蝋梅って花をご存じでしょ
蝋細工のように透き通った薄黄色の花を咲かせる、あれ。
黒蝋梅があるのを知ってらした!?
初めて知って、見せていただいて大喜びしました

  blog-19A28q.jpg


  blog-19A28l.jpg

如何? 黒蝋梅の花ですよ。
なんだか・・・蝋細工と云うより紙細工のような質感に感じたけれど
すてき、ちょっと神秘性もあるような。


もう一つ! ボランティアさん、ありがとう!!
なんと、「恵心院」に「花筏」の樹があったなんて!
今まで、まったく知りませんでした。

「花筏」 葉の真ん中に花を咲かせる珍しい木
雲が畑の「志明院」の近くのバス停に、この木があると聞いて
いつか、訪れなければと思っていたのに、宇治にいたのね!!

blog-19A28o.jpg

まだ、蕾のようです。
お花、1週間ぐらい先になるかしら・・・・・


とてもよく歩きました。

若者も満足をしてくれたようです。

新緑、あおモミジに染まっての歩く時間は
すごく豊かな過ごし方。
大好きです。








blog-19A28a.jpg

「平等院」 「宇治上神社」 の二つもの世界遺産をもつ宇治
紅葉の美しさでも知られているけれど、
それは、素晴らしい新緑にも会えるというわけでしょ。

まだ観光客が疎らな頃から、宇治には心惹かれて
何度となくふら〜りと訪れるのです。
新緑、紅葉の時期はもちろん
「あっ、雪が降った、積もっているはきっと!」
「大雨の翌日だもの、天ヶ瀬ダムは放水をしている!!」
と、なにかとやって来る理由はあるのですもの。

気持ちの良い爽やかな風の吹く、ある日
青もみじの下で、「おにぎり」食べたら美味しいでしょうねと
訪れました。 宇治へと。

「源氏ミュージアム」も艶やかな青葉の木々で囲まれ、おーきれい!!

すぐ傍の仏徳山の登り口から、展望台へと向かうのですが
山道(山と云うほどの高さではないのですよ)を、右に左にと螺旋歩き。
ほんとうに、木々の新緑の眩しいこと!
木洩れ日を浴びながらの歩みの気持ちの良いこと!

blog-19A28c2.jpg

今回は、宇治へ初来訪という若者を同行していたので
別山の「朝観音堂」までにも足を延ばしたりして。
滅多に開いてないお堂の扉が開いていて、観音様にもお会いができました。

「宇治上神社」のちょうど真上の山道を抜けると「興正寺」に。

blog-19A28g2.jpg

最近ブーム化している「座禅道場」や「写経」も開いているようです。
なんといっても、このお寺の一番の見どころは・・・参道でもある、琴坂。
もみじの若葉のトンネルです!!

byki-blog428e.jpg


byki-blog0427A7.jpg

「あおモミジ」に酔ってしまいそう・・・・

ダム付近の吊り橋を巡り、川沿いの道を歩き
花々がいつの季節も楽しませてくれる「恵心院」へと。
ダラダラ坂の参道は、山吹の花が見事に満開。
ツツジも彩を添えています。 わぉ! カラーまでもが!!
   
    *蛇足ですが、カラーって日本語名が「海芋」なんですって!
      ぜんぜん美しくない!! どこの誰がつけたのでしょうね!!

blog-19A28k2.jpg

このお寺で、とっても嬉しい出会いが会ったのですよ。
ボランティアさんのおかげです。 ありがとうございます。

皆さん、蝋梅って花をご存じでしょ
蝋細工のように透き通った薄黄色の花を咲かせる、あれ。
黒蝋梅があるのを知ってらした!?
初めて知って、見せていただいて大喜びしました

  blog-19A28q.jpg


  blog-19A28l.jpg

如何? 黒蝋梅の花ですよ。
なんだか・・・蝋細工と云うより紙細工のような質感に感じたけれど
すてき、ちょっと神秘性もあるような。


もう一つ! ボランティアさん、ありがとう!!
なんと、「恵心院」に「花筏」の樹があったなんて!
今まで、まったく知りませんでした。

「花筏」 葉の真ん中に花を咲かせる珍しい木
雲が畑の「志明院」の近くのバス停に、この木があると聞いて
いつか、訪れなければと思っていたのに、宇治にいたのね!!

blog-19A28o.jpg

まだ、蕾のようです。
お花、1週間ぐらい先になるかしら・・・・・


とてもよく歩きました。

若者も満足をしてくれたようです。

新緑、あおモミジに染まっての歩く時間は
すごく豊かな過ごし方。
大好きです。








posted by 黄色の薔薇子 at 17:27| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショップオーナーの『よもやま話』




posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。