2018年06月17日

杉木立の中の・・紫陽花

byki-blog0617Bj.jpg

4月は、満開の桜の並木道を歩きいて見惚れ
     水面に拡がる花弁の「花いかだ」に目を反らせず・・・・
5月は、それまでは茶色の棒のような枝に
          競うように様々な色合いの緑をつけた新緑を楽しみ
     眩しく光を弾いて花を垂れて咲く
     ふじ色や白ふじの見事さを満喫したのですから

6月。 この梅雨時ならではの紫陽花だって、ちゃんと見てあげないと!ね。


山の中に建つ「三室戸寺」には一万株もの多種多様な紫陽花が
杉木立の中で見ごろを迎えていると。
深い山間の、きれいな空気の中で育っているからでしょうか
花の色も鮮やかですし、葉の緑も濃い色だなって。

8時半が開門ということなので
暑くならないうちに・・・混み合わないうちに・・・・と
9時過ぎには家を出たのですよ。
きゃぁ!! 三室戸駅から山に向かって行列ができています!!
考えることは、皆さん同じだということですかしら・・・仕掛けが早いこと!!

さ、混雑の本殿をかたちだけのお参りをして、
(社務所に並ぶ長〜い行列はいったい何かしらと訝しながら)
「あじさい苑」にと向かいます。


                           byki-blog0617Bi.jpg

                   byki-blog0617Bf.jpg


byki-blog0617Bd.jpg

                                byki-blog0617Bc.jpg

    byki-blog0617Bb.jpg
     

           おや!私の顔より大きな花・・・バスケットボールみたい!!

  byki-blog0617Bg.jpg

自撮りをしよとしている方も
お連れの相手を撮ろうとしている方々も
人の流れが絶えることが無いので、悪戦苦闘のようですね。

背景の山の色濃い緑
咲き終えたツツジや石楠花の植え込み
真っ直ぐと延びた杉の木立に囲まれて
紫陽花を愛でるだけでない、気持ち良い空間を味わえました。
(人は多くても、ちょっと脇道に逸れれば自分の空間が)
なにしろ、五千坪の広さですもの。


ライトアップもしているそうです
夜風に吹かれながらの、そぞろ歩きも良いかも。
いらしてみたら如何?








posted by 黄色の薔薇子 at 17:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: