2018年06月24日

新緑、深緑の効果!!


byki-blog0624B9.jpg

小さな山の、雑木林の中なのだけれど
新緑、いえ深緑にすっぽりと包まれに出かけた、日曜日の朝。
昨夜の雨が緑をよりいっそう鮮やかにしてくれたようです。
時おり、梢に溜まっていた雫が風で振り落とされて・・・・
顔や腕を濡らすのさえ、いと心地良く。

5月の末ぐらいからの重なる出来事で、だいぶヨレッ!だったの。
大事な友人その2人もが、ひどく健康を損ね思わしくなく
失うのではないかと・・・・それもすごく気にかかっているし
失うことではないけれど(ま、通常のお付き合いはできますので)
絆を持ちかけていた方と、気持ちの「核」の部分の違いがわかり
強い絆を持ち合うのは難しいと、わかってしまったり

家の契約やら諸事の処理に時間をとられ、心痛もありでね
この6月、何やら落ち着きがなかったのですよ。
あっ、あの大きな地震(我が家の地区は震度5強でした)もあったし・・・
(器物破損は受けましたが、私も紅音も怪我がなく幸いでした)

前置きが長くなってしまいましたね。
「そうだ、緑を、風を、木洩れ日を浴びに行こう!!」
そう思い立ち、宇治の仏徳山から宇治川周辺を歩こうと。

   byki-blog0624B(.jpg

                byki-blog0624B8.jpg 

「源氏ミュージアム」の建物の周辺も小路も、美しい緑に囲まれています。

小さな池に・・・左手のガマの穂のようなシュッと伸びているのが、ショウブ
(お節句の時に菖蒲湯に使う葉ね。花は咲かないそうです)
後ろに咲いているのが「花菖蒲」。
同じではなかったのですね・・・・(ミュージアムのスタッフの方が教えてくださった)

  byki-blog0624B7.jpg


登山道に入り、雨で洗われた坂道。
あちこちで石の肌が露出していて、ちょっと滑りやすいです。

苔に覆われた木も瑞々しい幹を見せてくれて。

頂上の展望台には、もう数組の方々が展望を楽しんでいますよ

byki-blog0624B2.jpg

どの木々も緑の葉が、わんさか!!
風が通る音すら、小鳥の声に交じって聞こえてきて嬉しい。

      byki-blog0624B3.jpg

 「興正寺」へと下る山道で出会った、素敵な木。
苔がビッシリと!!

         byki-blog0624B5.jpg

「琴坂」の石の五重塔も、苔の衣を付けていますね。

         byki-blog0624B6.jpg

宇治川べりに出て、
急流の川の流れを見ながら、しばらく休憩。

山道を歩き、緑葉や光を全身に浴び過ごした2時間半ほど。
身体や気持ちに澱のように貯まっていたモノが
すっかりと落ちたような、清しい気分。

本当に小さな自然との触れ合いだったのだけれど
その効果は、素晴らしい!!







           


posted by 黄色の薔薇子 at 19:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: