2018年06月30日

6月晦日の神事


for-blog-630b.jpg

6月晦日。「夏越しの祓い」
無事に過ごした半年を共によろこび
またこれから歩む日々をすこやかにとの神事ですよね。

ほとんどの神社では「茅の輪」をくぐって、お祓いをします。

      byki-blog0802B5.jpg 
                         (これは、昨年の茅の輪)

我が住処のある地の産土神神社「御香宮」は、違うのです。
7月31日、その日に「夏越しの祓い神事」。ですから「茅の輪」も、その日に。



で、気になるでしょ? 見出しの写真が。
6月晦日にいただく「水無月」の生菓子なのです。

   for-blog0630a.jpg

夕方、思いがけない来客があり
「夏越しの祓い」の縁起物ですから、召し上がってくださいと
わざわざ届けに来てくださったのです。
あらら、あの近江八幡の老舗「たねや」のではありませんか!
ほら、行列のできる「バームクーヘン」の店「クラブハリエ」。 その本店の和菓子屋さん。

この「水無月」、半分から右半分を過ぎてきた半年の日々をお腹に納め
左半分を、これからの吉運を身体に入れる・・・・らしい、食べ方だそう。
全面の小豆、水飴、葛粉、うるち米粉の生菓子。

(本当はね、私は苦手な甘味モノなのですけれどね
お祓いの意味があるから食べさせたいと・・・・そのお気持ち、嬉しいから
これから、いただきます。
但し書きに則って、過ぎし半年と迎える半年を思いながら)




             for-blog0616a.jpg

今日、外出先で出会った某家のお庭の木なのですが・・・・
最初はね、あれ? 山梔子? いえいえ全然違いますよね。
白い花の咲く庭木なのか・・・ 半夏生のように葉が白くなる庭木なのか・・・
わからないままなのです。
その一角だけが、白く輝いているようで美しい!!

      for-blog0616b.jpg

ご存じかしら・・・・この庭木のお名前を。


あっ、いただきました「水無月」
冷たい麦茶を添えて。

きっと・・・今年の後半、よい日々が重ねられることと思っています。






    

posted by 黄色の薔薇子 at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: