2019年05月19日

苔むす古道で古を偲ぶ・・・

blog-19My02r.jpg

「室生の郷」へと続く古道
室生口大野から約6kmの山道を歩く楽しみと
龍神さまを祀る神社に、さらに奥の龍神さまの住処の洞窟への期待で
歩き始める前から、そわそわ&どきどき。
6kmと云えば・・・・まぁ、ざっと1時間半。 かかっても2時間だわね。

そのつもりが、
室生川の渓流や、苔で覆われた岩に石畳、両脇の杉や桧の姿に
眼を奪われて、立ち止まっては「素敵!」を連発
写真を撮るのにも、こっちもあっちもと・・・・
6kmの行程を、なんと・・・・
(でも、画像を見てくださったら、わかってくださると思うわ)


                 blog-19My02a2.jpg

駅前の「駐在所」に、うっ、遠くにやって来たような錯覚。

弘法大師が「室生寺」の開創の時に、西の大門と定めた「大野寺」に
まず立ち寄りました。
ここでは鎌倉初期、宇陀川の対岸の高さ33mの石英安山岩の巨岩に
高さ11.5mの弥勒仏の線刻した立像を、境内から拝顔するのです。
(正直言って・・・・その見事だという線刻は、よくわかりませんでしたが)

      blog-19My02b.jpg


blog-19My02ce.jpg 

室生川に沿って「東海道自然歩道」の看板のある山道に入ると
そう! もう空気感がまったく違う!
道の両脇にそそり立つ杉や桧林からの精気のせいでしょうか。

ここが「室生古道」と呼ばれる、いわば「室生寺」への参道なのですね。

とにかく石ころだらけ。 そして石畳が不規則に続くのですが
どれもこれも、ふかっとした青い苔にくるまれているのが美しすぎ!!

blog-19My02hi.jpg


blog-19My02mn.jpg

新緑も、一段と輝いています

blog-19My02l.jpg

渓流の流れの音、小さな段差を落ちる水音
清らかで涼やかな流れに手を浸せば、冷たい! 

blog-19My02jk.jpg

ずーっと、ずーっと 上り坂。

石ゴロゴロ、苔が敷かれた山道は滑りやすいこと!!

門森峠まで着いた時、「今、何時ごろ?」
びっくりです! お昼前には「室生の郷」へ足を踏み入れていた?
はずでしたのに・・・なんと! で、峠で遅い昼食を。

この峠からは、下るのみ
同じような石ころの山道を、ただひたすらにね。

      blog-19My02o2.jpg

ええーっ! この石垣は!? 
目の前に突然に現われた、緑の壁。 とても綺麗。

blog-19My02qr.jpg


転ばず、滑らず。 坂道を下りきった先には、室生の郷が

blog-19My02t.jpg

のどか・・・・気持ちが解れるほどの、のどかさ

「室生寺」を横目に見て(立ち寄る時間がない!)
目指すは「室生龍穴神社」と「吉祥龍穴」

blog-19My02yz.jpg


blog-19My02uv.jpg

水を司る、龍を使う女神「善女龍王」が祀られています。
この境内の杉の古木群には圧倒されてしまいますよ!
ほんとうに、聳え立つという表現がぴったりの杉の木々。
全ての木々には、きっと神が宿っているに違いないと。

ここからさらに、林道を登って。

途中には、「天の岩戸」伝説の地も。

blog-19My02x23.jpg

もう少し登ります。
鳥居が見えてきました。 それを潜って今度は山道下り。

blog-19My02x4.jpg

この滝は「招雨瀑」といい
ここで「雨乞いの祈祷」が行われていたそうです

blog-19My02x67.jpg

龍神さま・・・・会えたような気がして。
「遥拝所」からのお詣りとなるのだけれど
周りの山を背にし、瀧音を聴きながら静かに龍穴を見つめていました。

ちなみに、「日本三大龍穴」は
「貴船神社」 「岡山備前」 ここ「吉祥龍穴」だそう。


予定通りには廻れなかったけれど、
古道の歩きは、とっても魅力的な歩きでした。

龍神さまにも、お会いできたし(本当に!?)

















posted by 黄色の薔薇子 at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: