2019年09月22日

堀だし寺!!魅せられて・・・


blog-19Sep03q2.jpg


《小川に架かる石橋を渡りクランク状の路地を曲がると…枝折戸が》

昨日の話の「崇道神社」をチェックしていた友人から
「近くに素敵そうなお寺があるみたいですよ」と。
おや! お庭が美しそうです。 
まずは、行ってみましょうかということで。

小川・・・・ええ、幅広い側溝のような流れが(流れる水はきれい!)
石橋・・・・ふ、ふ、その側溝に1mほどの長さの石の橋が渡っている!

枝折戸を前にして、既にちょっとワクワク感が。
横の石畳を進んで入り口の門に着いたのですが、
入っても良いのか入れないのかを、迷ってしまいました。

blog-19Sep03p2.jpg

「失礼します。 参拝させていただきます」と声だけをかけて・・・・

敷石の上を数歩を歩いただけで、
心の中で感嘆符!!が飛び回っているありさまです。

blog-19Sep03b2.jpg

前面ガラス戸がめぐらされた、こちらが本堂。
お庭に置かれた石もさることながら、沓脱用の大きい石の立派なこと!
ひろ〜い、ひろ〜いお庭です(1000坪の境内とか)
木々の緑、活き活きと広がる苔に敷石や大小の石に、すごく穏やかな優しさを。

     blog-19Sep03ch.jpg

だあれもいないの! 
この空間を独占できていることって、とっても贅沢な時間でしょ。

小高い場所にあるのは「鳳凰堂」
(ただ、昨年の台風、大風で20m近い大きな杉の木などが倒壊
その影響で、現在は修復中の足場で囲まれています)

「鐘楼堂」には、重さ600貫(2.3t) 高さ5尺6寸(1.7m)の「千人鐘」
鐘には鋳造に貢献をした千人の名前と、阿弥陀様が彫られているのです。
鐘付が大好きな私。 さっそく撞かせていただき
漂う音の響きと余韻までもを堪能させていただいた。

     blog-19Sep03j2.jpg

その少し高いところには「観音堂(禅堂)」
本堂からの渡り廊下の曲線の屋根も美しいですね。

      blog-19Sep03k2.jpg

blog-19Sep03i2.jpg

ここで初めて作務衣を着た若い男性に出会ったのです。
「ようお詣りを。 このお寺をどうして見つけられました?」と。

実はこのお寺、南北時代に臨済宗大徳寺派として大阪・尼崎に開山され
本能寺の変の後の秀吉が剃髪したとかの逸話もあるのですが
その後は荒廃し、明治期に実業家・山口玄洞氏の寄進により
この地に移転再建をされたのだと。
その時、氏は寄進に当り二つの条件を
     − 由緒正しき寺であること
     − 悪人でも襟を正すような景勝の聖地であること

でもね、前住職が遷化の後は、住職不在の時代が長いこと続き荒廃したの

先ほどお会いした若い男性は2016年に入山をした、新住職さま!(26代目)
座禅や精神修行の場を提供していきたいと、
お寺のアピールや広報はしていないそう(観光客、ワンサカは嫌と)
この広い境内を持つお寺を、ご夫婦でのお勉めをしているのですって!

「観音堂」にも入れていただけました。

   blog-19Sep03l2.jpg
               ご本尊の 如意輪観世音菩薩

blog-19Sepn2.jpg

「観音堂(禅堂)」の内部の空間は、
そこにいるだけで凛と背筋が伸びるような気持ちにさせられました。

座禅を体験してみたいなとの思いは微かにあったものの
たくさんのお寺で行っている座禅会は・・・大勢の人が並んで
ほんとうに体験会のようだなって、もう一つ踏み込めないでいたけれど
このこじんまりした静謐な空間と菩薩様の前でって、いいかも!!

毎朝の座禅会
「新月」と「満月」の夜の座禅会
個人的に申し込める座禅会

今、心を動かされているのです。

この茶室で、茶道体験やお茶会もできるそうですよ。

      blog-19Sept03f.jpg


訪れて嬉しかった!!
脳内も心の中も清々しい気が流れ込んだような気分。
なんだか時を気にせず、お庭を見ながら座っていたいような・・・・


本音はね、お寺の名前を明かしたくないのですけれど
(だって、独り占めができないじゃない!!)

「朝崇山 栖賢寺」








posted by 黄色の薔薇子 at 12:12| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: