2020年02月24日

ほら、足元から春が・・・

今日の振り替え休日は、「春、ウララァ!」のような陽気ですね。

立春を過ぎた頃は、「寒っ! 寒っ!」の連発でしたもの
朝夕のお散歩は、着膨れ達磨の如く・・・・
ちょん!と指で突っつかれたら、ころんと倒れてしまいそうな重装備。

先日の朝、起き出したら家々の屋根は真っ白!
向かい合わせの山波も朝日を浴びた冠雪が輝いていて、美しい!
この冬の初の雪化粧でした。

この日が・・・寒さのピークだったのかしら。

きっと、春の兆しが見つけられる
そんな期待とともに、ご近所散策。お供は紅音です、もちろん。


     blog-20Feb02a.jpg 
     蝋梅の可憐な花が、真っ盛りに咲いていたのは
  織田信長公とも所縁の深い「かましきさん」の愛称のあるお寺
  境内には黄色の色濃い蝋梅の花をつけた木が無数に!!
  香りもあま〜く漂って、くんくん。


道端の、路地のコンクリートやブロックの隙間から「おっ! こんにちわ!」
誰が植え付けたのでもないのでしょう
自生の愛らしくも、力強い小さな花々を見つけて、一人でほくそ笑み

      blog-20Feb23c.jpg


blog-20Feb23d.jpg 
ちっちゃなボーロのようにコロンとした紫やピンクの花を咲かせています。
置き石の隙間から、コンクリートの道路を這うようにして・・・


       blog-20Feb23a.jpg

blog-20Feb23b.jpg
あー こちらは、日本すみれではないですか!!
路地の石塀にへばり付くように広がって咲いていました。
雨でも降らなければ・・・水も飲ましてはもらえないだろうに
鮮やかな紫の花が、いっぱい!! 強い子たちなのですね。


公園の一隅では、こんな子たちにも出会ったのですよ。

blog-20Feb23e.jpg


今年は、梅の花の開花が一週間ほども早いそうです。
なので「梅まつり」を予定しているお寺や園は、アタフタとか。

沈丁花もすでに赤い粒々の蕾が大きく膨らんで・・・
芳しい香りとともに花を咲かせてくれるのも、もうまじか。



ちょっと歩いてみてくださいな。

隠れている「春」を見つけられると思うので。






posted by 黄色の薔薇子 at 15:48| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。