2019年01月21日

ショップオーナーの『よもやま話』








posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

初寺社、初参拝!!


blog-19104top.jpg

「新年、狛犬さん巡り」 と、云うことではないのですが
この日に訪れて行った神社には素敵な狛犬さんやら狛龍さんに会えたので
嬉しくなってしまいました。

トレイルの起点を「伏見稲荷」からと思っていたのですが
まだ新年松の内、稲荷駅も稲荷も大混雑だろうと考え
一駅先の深草からスタートをすることに。

まず、「石峰寺」へと。

         blog-10104a2.jpg
このお寺の本殿の裏山(寺社内の)は、
江戸中期の画家・伊藤若冲が描き、それを石工が彫り上げた石仏
釈迦の誕生から涅槃までの「五百羅漢」が各シーンごとに
竹林の間に配置されているのです。
一体、一体の顔の表情、仕草などに見惚れてしまう石仏群。

ただ・・・昨年の台風で倒木など山が荒れているとかで
現在は拝観ができない状態。 
訪れる前に、お問い合わせをした方が良さそうですよ。

今回は、「えぇ〜 こんな近くに、こんな由緒あるお寺や神社が!?」と
初めて知った驚きや感激の「初参拝の寺社巡り」

この「宝塔寺」も、その一つ。
立派な山門があり、長い参道の両脇には塔頭の寺が並び、
しかも、その裏山・七面山は「七面大明神」という信仰の篤い神社。
本堂も大きく施されている彫物も繊細で緻密!
華やかな色彩の仁王門。その天井には艶やかな牡丹の絵。
そして境内には、京都市内最古の多宝塔がと、驚かされることばかり。

blog-19104b2.jpg

   blog-10104c2.jpg


          blog-19104n2.jpg
                          邪気を威嚇するかのような、狛犬さん

   blog-19104e2.jpg

本堂から別棟への櫓の下を潜り抜けると、
「七面大明神」への両側が木立のなだらかな石段が長〜く延びています。

   blog-10104m2.jpg

                 blog-10104q2.jpg    

背後の七面山の頂上からの眺めが素敵だと聞いていたのですが
ここもやはり台風の影響で登山道が閉鎖。 う〜ん、残念!!

で、引き返して再び初めて訪ねる「嘉祥寺」へと。
そこから数分の場所に宮内庁の管轄地である・・・・
まったく知りませんでした! 十二人の帝が眠る陵があることすら!

  blog-19104s2.jpg
嘉祥寺

blog-19104x2.jpg
「土御門天皇」と「御陽成天皇」しか・・・・聞き覚えなしの私です。
きっと創成された時は、周囲も深い木立に囲まれていたのかも・・・・
今は、隣を京阪鉄道が走っていますから安眠はとっていただけているかしらん。


この先からは、稲荷山に入って行きます。
竹林が続く路。
あー ここにも台風被害の爪痕が残されていて・・・・
根こそぎ倒れてしまった大きな樹木。
よいしょ!って、起こしてあげたら元の戻るのではと・・・・

          blog-10104y2.jpg


    blog-19104z62.jpg

「お滝巡り」の一つ。「青木の滝」そして「弘法の滝」
どこも、お塚や小さな朱色の鳥居重なり合っていますね。

   blog-19104z22.jpg

      
          blog-19104z42.jpg
                   真ん中の像が、弘法大師さま

これから、 伏見稲荷の千本鳥居の脇の「伏見神宝神社」へと。
何度となく稲荷の山を一周したりと訪れているのに
この神社へは初のご参拝となります。

途中に、きれいな竹の木洩れ日に・・・・しばし、足を止めてしまいました。

blog-19104z72.jpg


       blog-19104z82.jpg


 神社の入り口には、球を抑えている狛犬さんが。
でも、わかります?本殿の前には狛犬ではなくて、狛龍さんなのですよ。
この神社、龍神さんとの深いご縁があるようです。
境内にも、龍の石像がたくさんいますもの。

 blog-19104z142.jpg   


さあ、参拝トレイルを終わり伏見稲荷の駅へと戻るのですが・・・・
まず、千本鳥居を抜けて行かなくては・・・・
人、人、人 !!!!
本殿の周辺だって、人混み、人混み、大混雑!!

山道などを気分よく歩いて来ていたので
この人海の中は・・・・

はい、掻き分け掻き分け駅に戻れました。 お疲れです!!


この初詣が
皆さまにも、ご利益がありますように!!

posted by 黄色の薔薇子 at 16:24| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショップオーナーの『よもやま話』




posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

ショップオーナーの『よもやま話』




posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

ショップオーナーの『よもやま話』




posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

ショップオーナーの『よもやま話』


posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

ショップオーナーの『よもやま話』


posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

ショップオーナーの『よもやま話』


posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

ショップオーナーの『よもやま話』




posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

ショップオーナーの『よもやま話』




posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

ショップオーナーの『よもやま話』


posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

ショップオーナーの『よもやま話』




posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

ショップオーナーの『よもやま話』


posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

ショップオーナーの『よもやま話』


posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

ショップオーナーの『よもやま話』


posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

ショップオーナーの『よもやま話』




posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

石碑の由来が・・・・


blog-190102b.jpg

年末の4日間、年始の6日間。
合計10日間の休暇も今日で終わってしまいますか・・・・

大晦日の「年越し蕎麦」は、本当に年を跨いでいただきましたよ。
先日もお話をしたけれど、「お雑煮」「myオセチ」を苦しくなるほど食して。
(祝膳をするのは元旦と2日。
そうそう、紅音もちゃんと「お蕎麦」に「お雑煮」での祝膳を一緒に)
新しい年を大歓迎で迎えたのです。


気持ちの良い青空の下でお寺の鐘を音を聴きたくなって、運動がてら散策に。
昨年もお散歩も兼ねてと紅音を連れて行ったのですが、
彼女、情緒を理解できないの! 怯えてしまうのですもの。
で、今年は独りで鐘を撞きにお寺へと。

       
         blog-190102a.jpg

  blog-190102c.jpg

高台に建つ「龍雲寺」の鐘楼からは、
向かい側に連なる山々や、下に拡がる街並が綺麗に見えています。

思いっ切り撞いた鐘
ぐぉーん〜 と響く音は、たまらなく心に沁み入るようで・・・・
鐘の真下に立ち、その余韻を身体中に受け止めることができました。

境内もこじんまりと整えられた美しい庭。

時おり、訪れては鐘を撞いたり
東屋からの眺めを見ながら、穏やかな時間を過ごすお寺なのです。



          blog-190103c.jpg

ずんずんと歩いて、この場所に。
「伏見奉行所跡」 今は石碑と案内板だけが残されているだけで
まわりは公団の住宅棟が並んでいます。

石碑と云えば、こ奉行所跡から少し歩いたところにある石碑。
紅音との散歩で通るたびに以前から気になってはいたのです。
なんの石碑なのかなぁー・・・・と。

  blog-190103a.jpg


blog-190103b.jpg

その付近に残る石垣も、団地の石垣とは全く違っているのは気が付いていても
この場所が何かは・・・・

ある「文庫本」を読んでいて、長年の疑問がわかったのですよ!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大変な美女であった雑仕女であった常盤。 源義朝に見初められ妾となり
今若、乙若、牛若の3人の子をもうけた後、平治の乱で敗れた義朝は都から敗走し
常盤は3人の子を連れ伏見の叔母の元へと逃げたのですね。
ただ、清盛の制裁を恐れた叔母は会ってもくれず・・・・
常盤は雪の山道を吉野へと逃げたとか。

その吉野から戻った常盤御前が捉えられたのが、この石碑の場所。

その後の常盤御前は清盛の愛人となり、3人の息子の命は助かった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっとスッキリ!としました。
そういう歴史にちなんだ地なのですよね、京都って。

あの石垣も、伏見桃山時代の城の名残だそうです。


最近ね、石碑などを見つけると
立ち止まってしまうのです。


おっと! 明日から・・・・お仕事です!!









posted by 黄色の薔薇子 at 16:55| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

ショップオーナーの『よもやま話』








posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

一つでもたくさん・・・


NewYear-card2019.jpg


お腹が破裂するかもしれません!!
食べ過ぎてしまった!!

朝から「鳥ガラ」をグツグツと煮込むこと数時間。
何度も灰汁を取り除き、煮詰めること最初の量の三分の二。
これがね・・・お雑煮用。
我が家の「お雑煮」は子供の頃から、このブイヨンが基本。

今年も、とっても美味しくできました。
それに「myオセチ」や「myニモノ」に「温野菜サラダ」
ついつい・・・箸が置けなくて。

で、今現在は満腹での苦しさを。

明日は気を付けます。食べ過ぎないように。


寒気に包まれたまま新年を迎えました。
今年は春には平成から新年号に移るでしょ。
皆さまにも変化が多い年かもしれませんね。

昨年より、一日でも多く
楽しく、豊かな時間が過ごせる日を持つことを
今年の目標にしませんか。

皆さまの、ご多幸を願っています。





posted by 黄色の薔薇子 at 21:29| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショップオーナーの『よもやま話』


posted by 黄色の薔薇子 at 00:01| Comment(0) | ショップ雑多記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする